担保や保証人の心配がいらないキャッシング

銀行などからお金を借りる場合、通常は担保や保証人が求められます。
そして、誰にもばれないよう内緒で借りたい、もしくは担保にできるような財産もなく保証人を頼める人もいないなどの理由で、お金を借りることをためらう人も少なくありません。

ところが、消費者金融からのキャッシングの場合には担保や保証人がいらない場合がほとんどだということをご存じでしょうか?
今回は担保や保証人の心配がいらないキャッシングについて紹介します。

まずは担保や保証人不要のキャッシングサービスのランキングをご紹介します。

担保や保証人とは?

担保とは、お金を返すことができなくなった場合に、借金の返済に充てるためにあらかじめ設定しておく土地や家、財産などです。例えば、質屋からお金を借りる時に預ける質草も担保の役割をしています。また保証人とは、お金を返すことができなくなった場合に、借金をした本人の代わりに返済の義務を負う人のことです。

担保や保証人を設定しておけば、借金をした本人が返済できなくなったとしても、担保を売却して貸したお金を回収したり、保証人に返済を請求したりすることによって貸し手側のリスクを減らすことができます。

担保や保証人がいらない理由

個人に対して小額の貸付をおこなっている消費者金融のほとんどが原則的に「担保・保証人不要」を謳っています。
その理由は、それらの消費者金融が「信用貸し」という方法でお金を貸しているからです。信用貸しとは、その人がきちんと返済してくれると信用して、いわば「借り手への信用度」を担保としてお金を貸す方法です。

そして、保証人不要で貸付を行うということは、誰にもばれることなく秘密で借入をしたいという人でも利用できることになります。

信用度を測る方法

消費者金融各社は、蓄積された顧客データに基づいて作られた独自の審査システムを採用しています。そのシステムに申込書に記入された情報や、個人信用情報機関から得られる他社借入状況などを入力すると、その人の信用度を判断するための情報が自動的に点数化され、この点数によって借り手への信用度を総合的に測れる仕組みになっています。

注意点

信用貸しによって利用できる消費者金融のキャッシングですが、貸し手のリスクを抑えるために金利が高めに設定されている点には注意が必要です。
また、担保とも言える「信用度」がシビアに審査に影響するため、返済が遅れて「信用度」が下がれば借入限度額が下がったり追加借入ができなくなったりします。
逆に、返済実績を重ねれば「信用度」が評価され借入限度額のUPにつながります。

信用度が担保になっていることを忘れずに

担保や保証人の心配をすることなく、そして家族にばれる心配をすることなく気軽に利用できる消費者金融のキャッシング。
ですが、あなたへの「信用度」が担保になっているということを忘れずに計画的に利用しましょう。

【口コミ人気No.1】
プロミス公式サイトへ

このページの先頭へ