ばれやすいポイントとその対策~誰にもばれずにお金を借りるには?~

明るいイメージのテレビCMの影響もあり気軽に利用できるようになったキャッシング。とはいうものの、できればお金を借りていることを人に知られたくないと感じる人は少なくありません。キャッシングをしていることを知られてしまう主なケースと、その対策について考えましょう。

1.審査時の本人確認電話

telephone
キャッシング審査の際、本人確認の電話が自宅にかかってくることで、キャッシングに申し込んだことを家族にばれる可能性があります。このリスクを避けるためには連絡先として携帯電話を登録することが大切です。アコム・プロミス・新生銀行カードローン レイク・ノーローンなどであれば携帯電話による本人確認もOKなので安心ですね。

また、勤務先にかかってくる在籍確認の電話によってキャッシングに申し込んだことを同僚にばれてしまうのでは?と心配する人もいますが、在籍確認の電話は個人名でかかってきますし、たとえ本人が電話に出られなくても、その会社に在籍していることさえ確認できれば大丈夫なので、それほど心配する必要はありません。

2.契約書類やカードなどの郵便物

letter
契約書類やカードが自宅に届くことによって、キャッシングに申し込んだことを家族にばれてしまう危険性がありますが、このリスクは自動契約機を利用することによって避けられます。自動契約機なら、その場で契約が完了しカードも発行されますので郵便物はありません。ただ、いきなり自動契約機で申し込むと審査中の待ち時間も長くなり、せっかく自動契約機まで足を運んでも審査に通らなかった場合に無駄足となります。

そこで、ばれずにキャッシングするために、安全かつ効率的な方法としてオススメなのが先にネット申込をしておき、契約書類とカードの受け取りを自動契約機でおこなう方法です。ネット申込の際、契約書類とカードの受取方法を選択する画面がありますので、忘れずに「自動契約機による受取」を選択しましょう。

また、自動契約機や店舗まで出向くのが難しいという方には、モビットの「WEB完結申込み」をおすすめします。
電話連絡・郵送物が一切なしで振込による融資が受けられますので、ばれないようにキャッシングしたい方には最もおすすめのサービスです。

利用できる振込口座等の詳細については、モビット公式サイトをご確認ください。

モビット公式サイト

3.利用開始後の電話連絡や郵便物

利用明細などが郵送で自宅に届くことによってキャッシングをしていることを家族にばれる場合があります。この点は、ネット上で利用明細などを確認できるWEB明細を活用することにより対応できます。

また、キャッシングをしていることが家族にばれる危険性が高いケースとして最も悩ましいのが、返済遅延時にかかってくる督促電話や督促ハガキです。返済が遅れそうな場合には速やかに自分の方から消費者金融に電話連絡をして、いつまでに支払えるのかを具体的に伝え、支払う意思があることをアピールしましょう。そうすれば、督促電話や督促ハガキが自宅に届くリスクを下げることができます。

ばれないためにはキャッシングの計画的な利用が大切

キャッシングをしていることが人にばれるリスクは、ネット申込や自動契約機などを使い分け、確実に返済することによって、かなりの程度抑えることができます。ただし返済が滞ってしまうと話は別です。そのようなストレスを抱えないためにもキャッシングは計画的に利用しましょう。

ばれたくない方には大手キャッシングサービスがおすすめ

キャッシングサービスを選ぶ際に、おすすめしたいのはCMなどで見かける大手のキャッシング会社です。なぜならば、大手キャッシング会社のほうが周囲の人にキャッシングをばれないための様々な配慮を行っているからです。
まずは安心なキャッシングサービスランキングをご覧ください。

上のランキングでご紹介したサービスでは、電話確認の際も本人と確認できるまでは絶対に社名を名乗ることはありませんし、郵送物にも社名は一切書いてありません。
また、申込みの際に相談すれば、周囲にばれないためにはどんなことに注意すればいいか教えてくれますし、特別な配慮もしてくれるでしょう。
キャッシングをばれたくない方にこそ、知名度のあるキャッシングサービスをおすすめします。

キャッシングサービス紹介
ばれないキャッシング会社の詳細についてご紹介しています。

最もおすすめはモビットの「WEB完結申込み」

また、大手キャッシングサービスがいくつかある中では、ばれないようにキャッシングしたいのであればモビットの「WEB完結申込み」をおすすめします。
電話連絡・郵送物一切なしで、口座振込みによる借り入れができますので、ばれないようにキャッシングしたい方には最適なサービスです。

利用できる銀行口座が限られるなど、いくつか利用条件がありますので、詳しくはモビット公式サイトをご確認ください。

【口コミ人気No.1】
プロミス公式サイトへ

このページの先頭へ