専業主婦でもばれないでキャッシングする方法

キャッシングでお金を借りることは、悪いことではありませんが、家族、特に夫には知られたくないですよね。専業主婦となれば尚更です。でも専業主婦でもばれないでキャッシングする方法はあるのです。夫にはどうしても言えない、でもいますぐお金が必要なあなたに、専業主婦でもばれないでキャッシングする方法をご紹介します。

専業主婦でもばれないでキャッシングする方法

収入のある主婦の方にはキャッシングをおすすめします。

専業主婦といっても、パートやアルバイトをしていて収入があるという方は、キャッシングを利用することができます。キャッシングはほとんどの場合は、「安定した収入があること」が借り入れの条件のひとつとなっています。パートやアルバイトでも「収入がある」とみなされますので、主婦の方でも審査の上、借り入れすることが可能です。

パート、アルバイトをしていなくても、50万円以下なら収入証明書が不要な消費者金融も多い為、とりあえず短期間でも働いてみることをおすすめします。

主婦におすすめのキャッシング

主婦の方に最もおすすめしたいキャッシングは「プロミス」です。プロミスでは、初めて利用する方向けに30日間無利息サービスを実施しています。
30日以内に返済すれば、利息はかかりませんし、30日を超えて返済した場合も30日目以降からの利息しか発生しませんのでお得です。「すぐに返済できる予定があるけれども、今すぐお金を借りたい」という方は、無利息サービスを上手に利用しましょう。

また、プロミスでは、女性専用ダイヤル「レディースコール」を設けていますので、不安や疑問がある方は、そこへ相談してみましょう。
女性オペレーターが対応してくれますので、質問しやすいと思います。また、プロミスは、キャッシング会社の最大手のひとつですので、対応がしっかりしているという点でもおすすめです。「夫に絶対ばれたくない」ということを申し込み時に伝えれば、きちんと配慮してくれますので、相談してみましょう。


→プロミスレディースのお申し込みはこちら

「プロミス」キャッシングサービス紹介はこちら

主婦の方のキャッシングは総量規制に注意しましょう。

専業主婦で、自分で収入を得ていない場合は、キャッシングでお金を借りることは難しいといわれています。
現在、貸金業法で、「総量規制」という制度が定められており、個人の借り入れ総額は収入の3分の1までに制限されています。
よって、専業主婦の場合は、収入がなければ消費者金融からお金を借りることができません。
パートやアルバイトをしている方の場合は、その収入の3分の1の範囲内でキャッシングが利用できるということですね。

専業主婦の方にはカードローンをおすすめします。

では、専業主婦はどこからもお金を借りられないかというとそんなことはありません。
専業主婦で、自分では収入を得ていない方には「銀行系カードローン」をおすすめします。
カードローンは、総量規制の対象外となりますので、自身に収入がない専業主婦でも利用することが可能です。配偶者に安定した収入があることが条件ですが、自分自身の確認書類を提出するだけでお金を借りることができます。配偶者の同意書は必要とされていないカードローンも多くありますので、専業主婦でも夫にばれないでお金を借りることができます。
カードローンもキャッシングと同様に、担保や保証人は不要です。また、審査に通れば最短で即日にもお金を借りることができます。
専業主婦だけれど、お金を借りたいという方は、カードローンでの借り入れを検討してみましょう。

専業主婦がばれないでお金を借りるための注意点

ばれないでお金を借りるために重要なことは「返済日を守ること」です。
消費者金融機関や銀行は、家族や配偶者に借り入れをばれたくないという点については、充分配慮してくれます。
しかし、返済が滞ってしまった場合は、督促の連絡が電話や書面等できてしまいます。それでも返済されない場合は、直接配偶者に連絡されてしまうことになります。
配偶者にばれないでキャッシングやカードローンでお金を借りるためには、返済期日を守ることが何よりも大切なのです。
そのためにも借り入れの際には、公式サイトなどで返済シミュレーションを行い、必ずきちんとした返済プランを立てましょう。

【口コミ人気No.1】
プロミス公式サイトへ

このページの先頭へ