学生でもばれないでキャッシングする方法

a1180_009560

学生はお金が足りなくなりがちです。バイトの給料日前はいつだって金欠になるのが普通ですし、バイトの場合は社会人のように就職している場合と違って、バイト代も毎月一定ではなく、あまりシフトに入れずにバイト代が少なめだった月なんかがあると死活問題になりますよね。
そもそもイベントが忙しくてシフトに入れていないのに、イベントそのもののせいで出費も多めになるとなっては、お金が足りるはずがありません。
本来はそういう時に頼りになるのがキャッシングなのですが、学生だといろいろ制限が厳しく、借りられないケースもあります。
でも借りられるケースも多くありますので、どういう場合に借りられるのかを見てみます。

なぜ学生だと借りられないか

お金を貸している業者は、もちろん法律を守らなくてはいけないのですが、まずこの法律で、安定した収入がない場合はお金を貸してはいけないということになっています。
ですので、アルバイトをしておらず収入がなかったり、していても短期や日雇いのバイトばかりで、収入が安定していると認められない場合は、法律的にお金を貸すことができないのです。

また、これは学生だから、というわけではないのですが、未成年の場合もお金が借りられません。まぁこれは仕方がないことでしょうか・・・こういう場合は、さすがに親に何とかしてもらうほかないでしょう。

学生でも借りられるケース

逆に言えば、上記の条件をしっかり満たしていれば、お金を借りられるということです。20歳以上で成人しており、長期のアルバイトやパートで、安定した収入がありますよということが証明できれば、お金を借りられるということになります。

ただし、安定しているからと言っても収入の額自体が小さすぎたり、他の会社ですでにキャッシングをしていたりと言った場合は、審査に通らず借りられないこともあります。これも仕方がないことで、学生だからではなく、就職していても同じことになります。

ばれないようにするためには

ここからが本題です。学生の場合でも、家とアルバイト先に在籍確認というものが必要になります。簡単に言えば、電話がかかってくるということです。

しかし、心配は必要ありません。電話をかける時には、キャッシング会社とわからないように電話をかけてくれるのです。親やバイト先にキャッシングを使っていることがばれると面倒なので、これはありがたい配慮ですね。キャッシング会社に相談すれば、ばれないようにどんな工夫をすればいいかのアドバイスももらえます。

それでも心配な方は、下記のランキングにあるようなサービスを利用してみてください。いずれも大手の優良キャッシングサービスですので、安心です。

キャッシングサービス紹介

ばれないキャッシング会社の詳細についてご紹介しています。

申込みの際は、バイトの収入を証明する書類も必要になりますので、給与明細や源泉徴収票が必要になります。あとは身分を証明するための身分証明書ですね。

契約や審査はWEB上からおこなうのがおすすめです。自宅に郵送される書類は、キャッシング会社のものとわからないような形で送ってもらえるのですが、それでも親の目についたりするのは危険です。なるべくWEBを活用することで、ばれるリスクを抑えることができるのです。

それでもばれないか心配という方にはモビットの「WEB完結申込み」をおすすめします。電話連絡・郵送物一切なしで、振込による借り入れができますので、家族など周囲の人に最もばれにくいキャッシングです。

毎月の利用状況や返済日のチェックなどもWEB上でおこなうことができます。利用明細などを自宅に送られてしまうのはあまりよくないので、これもWEBを活用するのがベストです。

滞納だけは避ける

もっとも気を付けなくてはいけないのが滞納です。しっかり返済している分にはキャッシング会社は強い味方なのですが、あまり滞納が続くようだと、家に催促状が届いたりすることがあります。
もちろん1回返し損ねたくらいなら大丈夫なのですが、継続して返済が遅れて、返す意思がないと判断されてしまったりすると、催促されてしまうことになるのです。
家に押しかけてきたり、ということは法律違反なのでありえませんが、それでも書類が届くことは避けたいですよね。
しっかりと返済して、トラブルのないようにキャッシングを利用しましょう。

【口コミ人気No.1】
プロミス公式サイトへ

このページの先頭へ