夫にばれないようにキャッシングするための3つのポイント

キャッシングをする際に、夫にばれたくないという方は多いと思います。やむを得ない理由でお金を借りたとしても、もしもキャッシングしたことがばれて、使い道についてなど問い詰められたら面倒なことになりかねません。今回は、夫にばれずにキャッシングするための申込み時の注意事項や、よくある疑問についてご紹介します。

夫にばれないようにキャッシングするには

主婦でもキャッシングはできます。

主婦の方でもキャッシングは可能です。但し、大手キャッシング会社はいずれも申し込みの条件として「安定した収入があること」をあげています。といっても、フルタイムの正社員で働いている必要はありません。パートやアルバイト、もしくは派遣社員など何かしらのしごとをしており、毎月収入を得ているのであれば、キャッシングすることは可能です。また、その際に特に夫の収入証明や同意書などは必要ありませんので、ばれずにキャッシングに申し込むことができます。

夫にばれないためのキャッシング注意事項

夫にばれないでキャッシングするためにはいくつか注意事項があります。下記の点に注意しましょう。

  • 1.利用明細書などの書類は「ネットで確認」を選択!
  • 利用明細書や契約書は、申込時に「自宅へ郵送」か「ネットで確認」を選ぶことが可能です。ここで自宅に郵送を選んでしまうと、自宅に書類が郵送で届いてしまいますので、夫にばれる可能性が高まります。もちろんキャッシング会社の社名・ロゴなどは、封筒には記載されていませんので、その点は安心ですが、出来る限りばれないようにするためには、書面はネットで確認するほうが良いでしょう。また、キャッシング会社からのメールにも注意したいですね。家族で兼用しているメールアドレスを使ってはいけません。自分用のメールアドレスだとしても、PCを家族で兼用して使用している場合、「ログアウトをうっかり忘れてフリーメールが見られてばれてしまった!」ということの無いよう、注意しましょう。

  • 2.キャッシングのカードは来店で受け取ること!
  • 書類をネット確認にしても、キャッシングのカードを受け取らなければいけません。これも申し込みの際に、郵送で受け取るか来店で受け取るか選ぶことができます。これも明細書などと同様で、封筒や差出人でばれる可能性は低いのですが、郵送では危険です。自動契約機や店舗に来店して、カードを受け取りましょう。但し、外でキャッシングの契約をしているところを誰にも見られたくない方は、郵送での受け取りを選ぶほうがよいでしょう。

  • 3.返済期日を必ず守ること!
  • 返済期日を過ぎると督促がきてしまいます。最初はメールでの連絡ですが、それでも返済しなかった場合は、自宅への電話連絡がされることもあります。当然本人確認はするでしょうが、夫にばれる可能性は高くなります。また、どうしてもあなたに返済能力がないと判断された場合は、夫へ直接連絡がいく可能性もあります。
    夫にばれないようにするためには、キャッシングの返済期日は必ず守りましょう。返済を忘れてしまいそうな方は、返済日をメールでお知らせしてくれるサービスもありますし、口座から自動引き落としにすることもできますので、利用してみましょう。

不安な方はプロミスのレディースキャッシングへご相談を

大手キャッシング会社のプロミスには、「レディースキャッシング」というサービスがあります。もしキャッシングについて不安や疑問があったら、プロミスの「女性専用ダイヤル レディースコール」へご相談してはいかがでしょうか?女性オペレーターが親切に対応してくれますので、相談しやすく、女性に大変オススメです。
ちょっと聞きづらい質問も、女性専用ダイヤルでしたら相手も女性ですので、聞きやすいはずです。はじめてご利用の方は特に、借り入れの前に不安を解消しておきたいですよね。
ちなみに金利や返済などのお申し込み条件は、レディースキャッシングも通常のキャッシングも同じです。申し込みの後からでも、女性専用ダイヤルの利用は可能ですので、利用してみましょう。


→プロミスレディースのお申し込みはこちら

キャッシングサービス紹介
ばれないキャッシング会社の詳細についてご紹介しています。

【口コミ人気No.1】
プロミス公式サイトへ

このページの先頭へ