キャッシングがばれる理由

キャッシングをするときに一番気になるのが、周りの人たちの目です。日本では借金に対するマイナスイメージが強いですし、家族や友人などにばれるのは避けたいと思うのが普通でしょう。あの人はお金に困っているんだという印象を与えてしまうのはよくないですし、普段からお金にだらしない人だという間違ったレッテルを張られてしまうのはもっとよくないです。
審査の途中で会社に在籍確認の電話が入ったりしますので、そこで会社にばれてしまったり、請求書や利用明細などの書類が自宅に届いて家族に見られてしまったりといったことは確かに不安です。

まずは、不安な方のために安心して借りられるキャッシングランキングをご紹介します。

実際のキャッシング事情

しかし実際は心配無用です。昔は明細などの書類などが自宅に郵送されることもあったと思いますが、今はやろうと思えばすべてWEB上で済ませることができますので、自宅に書類が郵送されることはありません。会社への在籍確認なども、キャッシングであることを伏せて、わからないように行われます。よほどのミスさえしなければ、ばれてしまう可能性は低いでしょう。

キャッシング会社も、利用者が周りに知られたくないのは当然のこととわかっていますので細心の注意を払って手続きしてくれますし、なるべく家族にばれにくいような配慮やアドバイスもしてくれます。日本では1000万人以上がキャッシングを利用していますが、実際に自分の周りを見渡してみて、そこまでたくさんの人が使っているような印象を受けますでしょうか?そんなにいないと思います。

つまり、ほとんどの人が、周りにばれることなくキャッシングを利用できているのが現状なのです。自分の周りにも、ばれていないだけで、実はキャッシングを利用しているという人が、10人に1人くらいはいるという計算になるのです。

請求書

どんな時にばれるのか

つまり、通常の利用の範囲内で、しっかり返済できるだけの額をキャッシングしている分には、ばれたりしないのです。ばれるのは、キャッシングをしすぎて、いよいよ返せなくなってきたときです。最終的にばれてしまうきっかけになってしまうのは、

  1. キャッシングの返済が滞って、催促状が届く
  2. クレジットカードの引き落としができずに、催促状が届く
  3. キャッシングの上限に達してしまい、生活が破たんする

などがあります。どれも、キャッシングしている上の手続きでばれてしまうというよりは、かなり自業自得なケースであることがわかると思います。
もしも上記のような状態になってしまったとしても、ドラマや小説で見るような、やくざが家や職場に押しかけてきて暴力を働いたり、職場に請求の電話がいったりということはありません。そもそもそのような行為は法律で禁止されていますので、もし自分がそんな目にあったら、警察にかけこめば困るのはお金を取り立てようとする側になります。
実際はそんな限界に到達してしまうはるかに手前で、ばれるときはばれることになります。送られてきた催促状を家族に見られてしまったり、キャッシングで借りられなくなったために家族や友人からお金を借りようとする、といったばれかたです。

ばれてしまうときは、キャッシングをしすぎて、生活が破たん寸前にまで崩壊してしまっているということになります。そして、キャッシング利用者の中でも、そんな人はほとんどいません。確かにそうなってしまう人はゼロではありませんし、そういう人がいた場合はインパクトが強いので記憶に残りやすかったり、ドラマの題材として扱われやすかったりして、目に触れる機会が多いだけなのです。

クレジットカード

ばれないためには

キャッシングを利用していることがばれないようにするためには、とにかくキャッシングのしすぎを避けることです。あくまでも突発的な出費に対してのみキャッシングを利用し、毎月毎月キャッシングの総額が増えていくような使い方をしないことが一番大切なことになります。
そのためには当たり前ですが、毎月の支出を収入よりも小さく抑えることです。稼ぐよりも多いお金を毎月使っていたら、それはキャッシングがばれるばれない以前に、生活そのものが破たんしてしまうでしょう。
最初のうちはキャッシングすることでごまかしながら生活することもできますが、いずれ返済が間に合わなくなってしまったり、上限金額に達してしまい、他のキャッシング会社に手を出すことになってしまいます。借金を借金で返すようになってしまったら、もう破滅は目の前と言ってもいいでしょう。これはキャッシングの問題ではなく、本人が自分をコントロールできるかどうかの問題です。

まとめ

まとめると、キャッシングを通常利用している限りは周囲にばれることはまずありません。使い始めるときもそうですし、使っているときも大丈夫です。実際にあなたの周りには、ばれていないだけで実はキャッシングを利用しているという人がたくさんいます。
ばれてしまうのは、キャッシングを使いすぎて返せなくなったり、周囲を頼り始めたときです。キャッシングは自分でコントロールしている限りはばれないのです。この便利さが、1000万人もの利用者に愛される秘訣なのです。

※ばれないキャッシングなら大手キャッシング会社がおすすめ!
キャッシングサービス紹介

【口コミ人気No.1】
プロミス公式サイトへ

このページの先頭へ